フクジュ荘で勝山の郷土料理に出会う。里芋を使った和菓子の正体とは?【笹寿司・いもぼた作り】

フクジュ荘で勝山の郷土料理に出会う。里芋を使った和菓子の正体とは?【笹寿司・いもぼた作り】

福井県勝山市といえば、恐竜化石が度々発見される、言わずと知れた恐竜王国です。

市内にある恐竜博物館は連日多くの人で賑わっており、年間来場者数はなんと90万人以上。
しかし、勝山市の人口はたったの2万4千人で、少子高齢化が加速度的に進む集落もあちこちに存在しています。

今回はその中でも、人口はたった一人なのに、外国人も含め、交流人口が年間千人を超えるというミラクルな集落・北谷町小原に行って来ました。

外国の方にも喜ばれている、自然や地域の文化と触れ合う体験ができるとのことで、ワクワクで出発!
したのですが、恐竜博物館を通り過ぎてもなお車は走り続け、あたりはどんどんと山深くなっていきます。

勝山駅から車で走ること25分ほど。
このまま行ったら完全に山の中じゃん!というあたりで、やっと小原に到着しました。

福井勝山フクジュ荘の画像

あふれんばかりの緑の中には、住宅もちらほら。
現在の人口は一人ではあるものの、お仕事や畑のために集落に通っている方は数人いらっしゃるようです。

小原集落では、人口の少なくなってしまった集落の再生・活性化のために、古民家再生や修復活動を含む小原ECOプロジェクトという取り組みが行われています。

平成27年度ふるさとづくり大賞では最高賞である内閣総理大臣賞を受賞し、現在でも、地元の大学生や訪れた人々によって地域づくりが続いています。

そんな小原のハブのようなスポットになっているのが「農家民宿 フクジュ荘」。
通常の民宿としてだけでなく、交流事業やツアーの際の宿泊施設として使われています。

今回小原を訪れたのは、フクジュ荘でインバウンド向け食文化体験をするため!

出迎えてくれた國吉さんに案内されたのはここ。

福井勝山フクジュ荘の画像今回はフクジュ荘のすぐ近くにある別の建物にお邪魔して体験させていただきました。

土壁と木でできた建物は一見蔵のようでもあり、中はそこまで広くないのかな?と思いましたが、実際に入ってみると結構立派!

玄関を入ってすぐに目に入ってくるのは、囲炉裏!
とっても落ち着く雰囲気です。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

勝山の食文化体験

早速食文化体験を始めるということで、囲炉裏のそばでゆったり体験ができるのかなーと思いきや、國吉さんから、「外に行くので長靴に履き替えてくださいね!」との指示が。

え、外行くの…?

まずは登山!?

10月も半ばのこの日は、すでに空気が冷たく、外に出るとかなり肌寒い!

できれば囲炉裏のあるお部屋でぬくぬくしたいよーと思いながらも、何をしに行くか聞いてみると、「笹を取りに行くよ!」とのお答えが。

この食文化体験で作るのは、笹寿司といもぼた。
実は、この笹寿司に使う笹を取りに行くところからが体験なんです!

歩き始めて数分。
何やらツルが垂れ下がっている植物の前で國吉さんが立ち止まりました。

福井勝山フクジュ荘の画像

よく見ると、丸い実のようなものが!

「ちょっとこれ持っててね」と上着を渡す國吉さんに言われるがままになっていると…

福井勝山フクジュ荘の画像

ツルを上から下に手を動かすと、たくさんの実が落ちてきました!

福井勝山フクジュ荘の画像

これ、山芋などのツルにできる肉芽で、「ムカゴ」というものなんです。
もちろん食べられます!

ご飯と一緒に炊いてむかごご飯にしたり、炒めたりあげたりして、塩胡椒など、お好みの味付けで食べるのがおすすめとのこと。

さらに、川にも遭遇!
水が澄んでいてとってもきれいですよね。

福井勝山フクジュ荘の画像

川底が白っぽい岩になっていますが、これは恐竜がいた時代の岩なんだとか。
この場所を恐竜も歩いていたそうです。

さらに、こんなに大きい岩も!

福井勝山フクジュ荘の画像

雨などの災害によってここまで落ちてきたのでしょうか。
すごい迫力!

このような勝山の自然を楽しんでいるうちに、いつのまにかこんなところまで来てしまっていました。

福井勝山フクジュ荘の画像

フクジュ荘は、赤兎山(あかうさぎやま)の登山口に向かう山道の途中にあるため、出発の時に、もしかして登山?と少し予感していましたが、そのまさかでした!

しかし、少し疲れましたが、道はしっかり整備されていたので登山といっても歩きやすかったですし、歩いているうちに体も温まってきました。

それに、ちょうど木々が色づいて来た頃だったので、景色がとっても綺麗!
何より空気が澄んでいて、すごく気持ちが良かったです。

これだけ空気が綺麗なら、夜は星がよく見えるのではないかと質問してみると、「小原の星空は日本一きれいかもしれないんだよ」とのお答えが。

お隣の大野市にある六呂師高原は、環境省などによる全国星空継続観測で「日本一星空がきれい」と認定されたことがあります。
しかし、小原では最近、その時の数値よりも星空がきれいという数値が出たそうなんです。

フクジュ荘のすぐ近くには「小原 星の駅」という場所があります。
その名前の通り、美しい星空が見られる場所なんですね。

宿泊の際は是非チェックしてみてください。

さて、小原の自然を存分に堪能したところで、やっと笹が生えているポイントに到着しました。

福井勝山フクジュ荘の画像

笹が青々としているのは9月下旬頃までだそうで、10月も半ばを過ぎたこの日は、きれいな笹を見つけることが結構難しかったですが、それでも30枚ほどの笹をとってフクジュ荘に戻りました。

笹寿司

フクジュ荘に戻った私は早速作務衣にお着替え!

手ぬぐいもして、いよいよ笹寿司作りに挑戦!の前に、まずは笹の飾り作りをします。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

包丁で笹を切って、こんな飾りを作りました!

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

笹の飾り切りって、よくお寿司やお刺身の盛り付けに使われますよね。
初めての体験で、もちろん私もすっごく楽しかったのですが、外国の方は特に楽しいんじゃないかなあ。

そして、ここから笹寿司作り開始!
刻んだ生姜の入った酢飯を丸めて、取ってきた笹の葉にのせたら、鱒をのせます。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

酢飯を笹の葉で巻いたら、もう一枚の葉っぱで巻いて楊枝でさす。

たったこれだけの簡単な工程なんですが、慣れるまではしっかり巻くのがちょっと難しかったです。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

國吉さんとお手伝いに来てくれたお母さんに手ほどきを受けて、だんだん慣れてきました。

出来上がったら、押し寿司用の入れ物に入れます。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

福井県の公式恐竜ブランド「Juratic」のラプトくんも見守る中、蓋をして、重しとして石をのせます。
あとは待つだけ。

福井勝山フクジュ荘の画像

30分ほどして蓋を開けてみると、しっかり押されていい形になった笹寿司が出て来ましたー!

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

試食の感想は後ほど!

いもぼた

続いては、「いもぼた」なるものに挑戦!
いもとぼたもち?というところまでは想像できましたが、ぼたもちにおいもって一体?と疑問は膨らむばかり。

待っている私の前に出て来たのは、すり鉢に入ったお米と里芋でした!

いもぼたは、里芋と米(もち米は一切入っておらず、うるち米のみ)を合わせてぼた餅にしたもの。
和菓子に里芋を使うとは、驚きですよね。

作り方は、お米と里芋をすりこぎでひたすら潰すだけ。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

潰し具合はお好みでいいそうなので、しっかり潰してみました。

できたら丸めてきな粉やあんこをつけて完成!

福井勝山フクジュ荘の画像

これなら自宅でも簡単にできそうですよね。

最後に、先ほど作った笹寿司と一緒に試食をしました。

福井勝山フクジュ荘笹寿司いもぼたの画像

今回教えていただいた笹寿司といもぼたは、どちらもお祭りや稲刈りが終わった後など、おめでたい日に食べるものなんだそう。

笹寿司はほのかに笹の香りがする中に生姜がきいていて、さっぱりとして美味しかったです。

いもぼたは、混ぜる前にちょっぴり塩を入れるのですが、あんこやきな粉の甘さと塩気が絶妙で美味しい!
塩は思ったよりもたくさん入れてもいいかも。

里芋を和菓子に使うというのは今まで見たことがなく、とっても驚きましたが、勝山のお隣、大野市では、ブランド里芋が栽培されているほどなので、この辺りでも里芋をよく食べるんだとか。

里芋と言えば甘く煮るのが定番ですが、勝山や大野ではこんな風にぼた餅にしてしまったり、試食として茹でて塩をかけただけの里芋が出て来たり、様々な方法で里芋が食卓を飾るんだそうです。

人口たった一人の集落で出会った郷土料理は、勝山の文化や風土を強く感じられるものでした。
若い人や外国の方にも広く知っていただけるといいなと思います。

※フクジュ荘では食文化体験以外にも紅葉を楽しむ登山や古民家修復など様々な体験ができますが、人数によっては受け入れができない場合があります。

必ず事前の問い合わせをお願いいたします。

名称 農家民宿 フクジュ荘
住所 福井県勝山市北谷町小原19-29
アクセス 勝山駅から車またはタクシーで約20分
または勝山市コミュニティバス北谷線「小原口」で降車(各便の出発2時間前までに要予約)
詳細は以下URLをご覧ください
http://www.city.katsuyama.fukui.jp/docs/page/index.php?cd=4774
電話番号 080-6359-5127
体験申し込み https://www.ohara-eco.com/体験申込み-application/
WEBサイト https://www.ohara-eco.com/インバウンド向食文化体験-experience/

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報