越前がにミュージアムで越前がにの生態や歴史、漁の仕方を学ぼう!【越前町】

越前がにミュージアムで越前がにの生態や歴史、漁の仕方を学ぼう!【越前町】

福井県の冬の味覚の王者とも呼ばれる「越前がに」。
越前がには、福井県内で水揚げされたオスのズワイガニのことを指し、全国で唯一の皇室献上ガニでもあります。

Dearふくいでは、越前がに漁解禁日の越前町の様子や絶品越前がにグルメの紹介をしてきましたが、今回は、越前がにの生態や歴史を学ぶことができる、「越前がにミュージアム」をご紹介!

どんな種類のカニがいるの?
カニはどこに住んでいるの?
何回脱皮するの?
色々な疑問を楽しく解決できるとのことで、実際に行ってみることに!

が、その前に、ちょっと待って!

越前がにミュージアムに行く前にどうしても気になることが。
それは、越前がにって本当に「越前がに」なの?ってこと。

例えば、越前がにミュージアムの前に立つのぼりには、「越前かに」という文字が。

福井越前がにミュージアムの画像

「越前町漁協」の名前も入っているので、「越前がに」ではなく「越前かに」のほうが正しそう…。

こっちにも「越前かに」。
福井越前がにミュージアムの画像

街中で見かける看板にはこのように、「越前がに」、「越前かに」以外に「越前蟹」、「越前ガニ」など、様々な表記がありました。

しかし、ここは「越前がにミュージアム」。
福井越前がにミュージアムの画像

「かに」なのか「がに」なのか、漢字なのかひらがななのかカタカナなのか、一体どれが正しいのでしょうか?

福井県内での話し言葉を聞いていると、ほとんどの人が「エチゼンガニ」と言っています。
なので、「越前かに」というのはちょっと違うのでは?と思います。

飲食店などでも、「越前がに」と表記しているところが圧倒的に多い気がしますが、本当のところは全くわからないので、越前町のことならなんでも知っている、越前町観光連盟の方に質問してみました。

すると、「特にこれ!というのは決まっていない」とのこと。
なんだそれー!

ですが、商標登録しているのは「越前がに」という表記であるため、パンフレットやポスターなど、公式で出す媒体では「越前がに」で統一してるんだそうです。
なんだかややこしいですが「越前がに」としてブランド化する以前から越前のカニが親しまれていた歴史の一端が、氾濫する表記に表れているのかもしれませんね。

しかし、あの某公共放送局のニュースでは「越前がに」という名前が出ることはないんだとか。
「越前がに」は特定の商品名になってしまうので、「ズワイガニ」という名前で放送されるんだそうです。
ちょっとビックリですよね。

さらにもう一つ。
そのテレビ局は、越前がに漁解禁初日の漁の様子をほぼ毎年船上で撮影するそうなんですが、当日の放送に間に合わせるために、船が港に戻るのを待つのではなく、テープを受け取るためだけにわざわざ別の船をもう一隻出しているらしい。

越前がにに懸ける福井県民の思い。すごい。

さて、越前がにの名前の問題がちょっとだけすっきりしたところで、いよいよ越前がにミュージアムに入ってみることに。

入り口で出迎えてくれるのはおっきな越前がに!
人気フォトスポットなので、まずはこちらで記念写真を撮っておきましょう。

福井越前がにミュージアムの画像

解禁日の11月6日に撮れたのが微妙に嬉しい!

越前の海と生き物

越前がにミュージアムは、3階から1階に向かうのが順路で、吹き抜けの部分は、3階が海岸、1階が越前がにが生息する水深300m付近を表す、越前の海のジオラマになっています。

順番にまわりながら、越前町の海の中がどうなっているのか探検してみましょう。

福井越前がにミュージアムの画像3階は越前町の港町の様子がよくわかります

2階は水深100mほどの地点を表しています。

福井越前がにミュージアムの画像

この辺りはまだ太陽光が届くため、海藻もたくさん生えているんですね。

そして、いよいよ1階が水深300mの越前がに生息エリア。

福井越前がにミュージアムの画像

この辺りにはもう太陽光は届きません。

こんな場所でどうやって生きているのか不思議ですが、ズワイガニはクモヒトデや生き物の死骸などを主な餌としているんだとか。
海の深いところにいるのであまり動くこともなく、浅瀬にいるカニとは違って、たくさん食べる必要はないんだそうです。

吹き抜けになっている越前の海を楽しみながら、越前がにや海の生き物について詳しくなっちゃいましょう。

(この後は越前がにミュージアムの楽しみ方を項目ごとに紹介します。
順路の順番とは異なりますのでご注意ください。)

越前がにを知る

福井越前がにミュージアムの画像

越前がにミュージアムでまず知りたいのは、やっぱり越前がにの生態ですよね。
3階では、越前がに(≒ズワイガニ)の分類や分布がパネルで紹介されています。

ビックラブシアター

1階の「ビックラブシアター」では、越前海岸の地形や越前がにの生態、越前がに漁の様子を大画面で見ることができます。

福井越前がにミュージアムの画像

10分ほどの上映なので気軽に見ることができ、短時間で越前がにのことがある程度わかるので、おすすめ!

深海300mのパノラマ劇場

そして、もちろん本物の越前がにの展示も!
その中には、なんと「極」の姿もありました。

福井越前がにミュージアムの画像

極とは、重量1.3kg以上、甲羅幅14.5cm以上、爪幅3cm以上の基準を満たす、越前がにの最高級ブランドです。
毎年漁獲される越前がにの0.05%ほどしか極に認められないほど希少価値が高く、2017年の初競りでつけられた値段はなんと46万円でした。

クラブラボ

福井越前がにミュージアムの画像今回越前がにミュージアムを案内してくださった主任研究員で元館長の大間さん 

さらに、越前がにミュージアムには生態研究室まであるんです。

こちらではズワイガニの成長過程や脱皮を細かく観察していて、室内には赤ちゃんズワイガニもいました。

福井越前がにミュージアムの画像

これが生まれたばかりのカニの赤ちゃん。
正確にはゾエアというものです。

福井越前がにミュージアムの画像

まるでちっちゃなクモのようですが、どのような形をしているのか、電子顕微鏡で観察してみましょう。

越前がに漁を知る

越前がにミュージアムでは、越前がに漁の歴史や、昔と今の方法の違いを知ることもできます。

かに漁今昔

福井越前がにミュージアムの画像

2階にある「かに漁今昔」コーナーでは、昔の漁に使われていた道具を見たり、漁の方法を詳しく知ることができます。

昭和40年ごろまでは、漁から帰ってきた船を一家総出で浜に引き上げていたそうで、その時に使っていた轆轤という道具を実際に動かすこともできます。
今の漁との違いにびっくりするはずです。

クラブハウス

様々なカニの標本などが展示されるクラブハウスにも、漁に関する資料があります。

底引き網漁で漁獲される越前がに。
…底引き網って?

これ!

福井越前がにミュージアムの画像

船に網をつけて走るだけだと思っていましたが、こんなに計算された作りになっているとは驚き!
この網を船から数百m以上も下におろして越前がに漁をしているんだそうです。

絡まったりしないの?と気になりましたが、そのために他の船としっかり距離を取るなど細心の注意を払っているそうです。
網がが破けたり壊れたりしてしまっても、1シーズン漁に出られなくなることもあるため、漁場選びも重要です。

漁って豪快というイメージがありましたが、繊細な部分が多いんだと感じました。

大水槽が幻想的!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報