職人さん手作りの越前和紙間接照明♡柔らかい光がリビングに広がります

職人さん手作りの越前和紙間接照明♡柔らかい光がリビングに広がります

結婚でお引越ししたことをきっかけに、福井の伝統工芸品で暮らしを彩ることはできないか…と考えるようになり、「福井県の伝統工芸品と暮らす」というテーマで、福井の伝統工芸品を自宅に置いて記事で紹介することになりました。

その第一弾は、越前和紙の間接照明!

どんな場所で、どのように作られているのか、ちょっとだけ解説します。

襖紙の手漉きを行う数少ない会社「(株)長田製紙所」

明かりを消すとよくわかりますが、この照明、外側は全て和紙(越前和紙)でできています。

福井越前和紙長田製紙所間接照明このおしゃれな間接照明を作ってくれたのは、越前市にある「長田製紙所」さん。

1500年以上もの歴史があると言われている越前和紙は、日本で最初の藩札とされている「福井藩札」はもちろん、明治維新後初めてのお札「太政官札」にも使われています。さらに、大蔵省抄紙局が用紙の独自製造を再開した際の技術指導を行ったり、透かし技法を開発したのも越前和紙であるなど、日本の紙の歴史に深く関わっています。

そんな越前和紙の象徴とも言えるものが、襖。桂離宮の襖にも越前和紙が使われており、その格式の高さは言うまでもありません。手漉きの襖紙を専業で漉いてきた産地は日本でここだけであり、長田製紙所は、現在も襖紙の手漉きを行っている数少ない会社の一つです。

現在は、襖と含めたインテリア和紙を中心に手がけており、タペストリーや照明などを制作しています。

福井越前和紙長田製紙所間接照明

「飛龍」という技法で作っています

照明の制作は全て手作業。長田製紙所では、和紙の原料にトロロアオイという植物の根っこから抽出した粘液を独自の方法で混ぜ合わせ、「飛龍」という絵柄を漉き込む技法を用いてこれらのインテリア和紙を作っています。

福井越前和紙長田製紙所間接照明

こんなに細かな模様を手作業で行っているなんて気が遠くなってしまいます。実際、紙の部分を作るだけで、8時間以上もかかるデザイン、大きさのものもあるそうです。

迷いのない手つきはまさに職人技。そして、インテリアというよりは、もはやアートだと感じました。

越前和紙照明はもはやアート!

それもそのはず。長田製紙所の四代目社長で伝統工芸士の長田和也さんは、個展を開いたり、商業施設のオブジェやタペストリーを手がけたりと、その活動はもはやアーティスト。

「間接照明」というよりも「アート作品」がお家にやってきた!という感じで、本当に大満足しています!

福井越前和紙長田製紙所間接照明

長田製紙所の手がける間接照明の柄は、Kiku、Rose、Ringの3種類、サイズはミニ、S、M、Lの4種類です。(今回購入したのはKikuのSサイズ)完全受注生産で、他に扱っているお店はありません。

予約は来店、電話、メール、FAXで受け付けているとのこと。気になる方は連絡してみては?

また、インテリア和紙のほか、揉み和紙(揉み紙)を利用したアクセサリーや小物などの新しいプロダクトも提案しています。オンラインショップ、または事前に連絡しておけば、工房に併設された販売スペースを見ることもできるので、近くに行く際には立ち寄って

可愛いアクセサリーも♡間接照明を作ってくれた長田製紙所の詳細はこちら>>
「福井県の伝統工芸品と暮らす」第二弾は「越前打刃物」>>
「福井県の伝統工芸品と暮らす」特集はこちら>>

(株)長田製紙所の基本情報・アクセス・マップ

名称 (株)長田製紙所
住所 福井県越前市大滝町29-39
電話番号 0778-42-0051
FAX番号 0778-42-0050
メールアドレス osadawashi@gmail.com
長田製紙所蔵開き&
記憶の家(インテリア和紙展示)オープン日
不定期(詳細はホームページなどでお知らせしています)
交通アクセス 武生駅から車で20分
武生ICから車で7分
駐車場 3台(記憶の家横の神宮堂前)
SNS instagram @osadawashi
Twitter @osadapapermill
Facebook @osadawashi
WEBサイト https://osada-washi.jp/

関連記事

長田製紙所で揉み和紙アクセサリー作り!RENEWで職人の日常にお邪魔しました【越前市】

【連載 福井県の伝統工芸品と暮らす】照明や家具・調理器具×おしゃれ伝統工芸品7選【体験情報あり】

越前和紙の歴史とは?紙漉き体験もできる越前和紙の里もご紹介【越前市】

世界で1本だけのマイ包丁!龍泉刃物で越前打刃物の包丁づくり体験をしてきました

小柳箪笥でオリジナルの家具を注文&手作り体験しました!【越前市・福井県の伝統工芸品と共に暮らす】

郷土工芸品の越前和蝋燭がおしゃれなキャンドル風に♡インテリアとしても優秀な「灯之香」

お酒を入れると深い青色に。ふくいブルーの美しい酒杯【福井の宝石・幻の笏谷石とは】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dearふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!
福井越前和紙長田製紙所間接照明
この記事が気に入ったらいいね!しよう

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報