【敦賀市】氣比神宮の見どころ&パワースポット8選 【文化財もたくさん!】

【敦賀市】氣比神宮の見どころ&パワースポット8選 【文化財もたくさん!】

敦賀といえば、越前國一宮の氣比神宮。
歴史もあり、文化財も多数存在している氣比神宮は、歩いているだけで力が湧いてくるような、そんな強力パワースポットなんです。
様々な見どころがあるので、一つ一つ、ゆっくり見て歩いてください。
今回は、氣比神宮の外せない見どころと人気パワースポットをそれぞれたっぷりご紹介します。

氣比神宮の見どころ①大鳥居

氣比神宮の画像

まずは氣比神宮の入り口、大鳥居。
美しい朱塗鳥居は、国の重要文化財(以前は国宝)に指定されており、奈良の春日大社、広島の厳島神社とともに「日本三大鳥居」とも言われています。

実は、氣比神宮の社殿のほとんどは第二次世界大戦中の空襲で焼失していて、戦後再建されたものなんです。
しかし、この大鳥居は空襲を免れたため、寛永年間(1624〜1644年)に造られた時のままなんだそうです。
また、正面の扁額(真ん中の氣比神宮と書いてある部分)は、有栖川宮威仁親王が書かれたもの。
氣比神宮の中で最も歴史を感じられる部分なので、じっくり見てみましょう。

氣比神宮の見どころ②社殿

氣比神宮の画像

とっても歴史を感じる神門を入ると、右手にあるのが外拝殿。

氣比神宮の画像

奥から四社の宮(本殿を囲むように配置されている)、本殿、内拝殿、外拝殿と続いていますが、これらは第二次世界大戦の空襲で焼失したため、戦後に再建されたものです。
焼失前の旧本殿は、江戸時代初期の慶長19(1614)年に結城秀康によって再建されたもので、旧国宝に指定されていました。

桁行三間・梁間四間、「両流造」という独特の形式の大規模な社殿で、屋根は檜皮葺、正面には一間の向拝が付設されていた。
また内部は正面一間通りを外陣とし、奥は一間ごとに3分割して中央間に中陣・内陣・内々陣を設け、左右脇間は空殿とされていた。
『気比宮旧記』によれば、そのうち内々陣の中央に仲哀天皇、右(西)に神功皇后、左(東)に保良太神(伊奢沙別命)が祀られていたという。
出典:wikipedia

本殿はこちらから見ることはできませんし、戦後に再建されたものですが、昔の姿を思い浮かべながらお参りしてみてはいかがですか?

氣比神宮の見どころ③絵馬堂

氣比神宮の画像

大鳥居からまっすぐ歩いて行くと、突き当たりに何やら不思議な建物が。
絵馬堂というこちらの建物。
内側にはたくさんの絵馬がかけられていました。

氣比神宮の画像

絵馬というと、初詣の時などに書く小さなものをイメージしますが、室町時代ごろからはこのように大きな扁額式の大絵馬が現れたそうです。
安土桃山時代になると、著名な絵師による本格的な絵馬が人気となり、絵馬を展示する絵馬堂も建てられるようになったとか。
氣比神宮の絵馬堂がいつ建てられたのかは不明…。

絵馬堂は今日の美術館のような役割を果たし、絵師たちが技を競うとともに、展示される絵のイメージが人々に共有されるなど、新たな作品を生む原動力をもたらす場であった。
出典:wikipedia

調べてみましたが、氣比神宮の絵馬堂についての記述はあまりなく、観光においてもそこまで重要視されていない感じがします。
が、私は氣比神宮の中でここが最も歴史を感じられるし、神秘的なスポットだと思っています。
絵馬堂の寂れ具合とか、絵馬の傷み方とか、すっごく自然で好き。

氣比神宮の見どころ④松尾芭蕉

松尾芭蕉の画像

「おくのほそ道」で有名な松尾芭蕉は、敦賀で10もの句を詠みました。
その中のいくつかの句碑と、松尾芭蕉の像が氣比神宮にあります。

文学好きはこちらも要チェックです!

松尾芭蕉と敦賀については下記の記事へ↓

松尾芭蕉が詠んだ敦賀の景色をめぐる!「おくのほそ道」に思いを馳せる旅

>おくのほそ道 [ 松尾芭蕉 ]

価格:734円(2017/3/3 11:26時点)感想(6件)


氣比神宮のパワースポットは次のページでチェック!

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!