青空に映える真っ白な恐竜を撮影しよう!勝山の人気フォトスポット・ホワイトザウルス とは

青空に映える真っ白な恐竜を撮影しよう!勝山の人気フォトスポット・ホワイトザウルス とは

福井県が恐竜王国と言われていることを知っていますか?
その証拠に、福井駅前にはこんなに大きな恐竜が!
(詳しくはこちらの記事へ!→https://dearfukui.jp/sightseeing/99
福井駅前恐竜の画像

昭和57年に福井県勝山市で中生代白亜紀前期のワニ化石が発見されて以降、昭和63年には同じ場所で恐竜の歯などが発見され、その後も恐竜の骨、足跡が相次いで発見されています。
今や福井県は、日本の恐竜研究の中心として注目を集める場所になっています。

発掘される化石の数の多さだけでなく、日本国内で発見され、新種とされた恐竜のほとんどが福井県で発見されています。フクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタン、フクイベナートルと、「フクイ」と名のつく恐竜(=福井県内で最初に見つかった恐竜)が4種類も!
これらの恐竜の化石は全て福井県勝山市で発見されており、勝山の名前を冠したコシサウルス・カツヤマという恐竜もいるほどです。

そんな勝山市は、福井県立恐竜博物館があったり、街のいたるところに恐竜がいたり、とにかく恐竜推しのまち!

福井電車交通えちぜん鉄道勝山駅の画像

その中でも、注目度の高い人気スポットがこちら。

福井勝山恐竜ホワイトザウルスの画像

ホワイトザウルスです!!

山々を背にして悠然と佇むホワイトザウルスの全長は、なんと16.9m。
ちなみに、上の写真でホワイトザウルスの頭の下あたりに見えるドームが、福井県立恐竜博物館です。

福井勝山恐竜ホワイトザウルスの画像

こんなに堂々と佇むホワイトザウルスですが、実はこれは2代目。
初代は2009年に福井県によって作られたもので、2011年にこの場所にやってきました。
しかし、初代ホワイトザウルスは和紙や木でできていたため、雨風にされされて傷んでしまい、2016年7月に頭が落ちてしまいました。

無残、ホワイトザウルス頭部落下 勝山のモニュメント、骨組み腐食(http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/60613

勝山では定番の写真スポットになっており、地元の方からも愛されていた初代ホワイトザウルス。
撤去作業前には「ホワイトザウルスさんありがとうの会」も開催され、100人もの地元民が集まりました。

福井・勝山の「頭部落下」恐竜像 地元住民ら別れ惜しみ「ありがとうの会」(https://fukui.keizai.biz/headline/286/

初代ホワイトザウルスが撤去された後、同所にはホワイトエッグが置かれ、住民も2世の「孵化」を心待ちにしていました。

恐竜ふ化楽しみ、2世は来年度に 壊れたホワイトザウルス跡に卵登場(http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/61128

福井勝山恐竜ホワイトザウルスの画像

2016年秋には「リ・ボーン作戦」として2代目ホワイトザウルスを復活させるべく、クラウドファンディングもスタートしました。
1万円以上の寄付でもらえる、ホワイトザウルスのクリスタルキーホルダーやモニュメントなどは、「返礼品限定にするのはもったいない!」「ほしい!」という意見が多数出るほどネットで話題に。

返礼品は特製恐竜フィギュア ホワイトザウルスの寄付スタート(http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/62206

実際の返礼品

クラウドファンディングで850万円以上を集め、雨や風に強い繊維強化プラスチック製に生まれ変わった2代目が、2017年11月に勝山に帰ってきました。

福井勝山恐竜ホワイトザウルスの画像

完成式典や記念イベントに集まった人数はなんと250人以上。
人口2万人ちょっとの勝山市にこれだけの人数が集まるとは、ホワイトザウルスがどれだけ愛されているかよくわかりますね。

ホワイトザウルス、強くなって復活 素材を変更、ネットで資金調達(http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/264704

ちなみに、「ホワイトザウルスって本当にいたの?」と地元の方に聞いてみたところ、「ティラノサウルスをモデルにした仮想の恐竜」とのお答えが。

でも、勝山市では日々恐竜の研究が進んでいます。
もしかしたら、ホワイトザウルスのような真っ白な恐竜が存在していたかもしれないですよね!

勝山市に行く機会がある方は、勝山市を代表するシンボル「ホワイトザウルス」の前で記念に写真を撮ってみてはいかがですか?

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報