大根おろし入りだしをかけるのが勝山流!ちよ鶴で勝ち山おろしそばを食べよう!【勝山市】

大根おろし入りだしをかけるのが勝山流!ちよ鶴で勝ち山おろしそばを食べよう!【勝山市】

福井には美味しいグルメがたくさんありますが、福井県はそばの作付面積で全国トップ3、収穫量でも全国トップ10に入るほどそばの生産が盛んであるため、越前そばがとても有名です。

越前そばは美味しいことはもちろん、お蕎麦の常識が覆る食べ方をする特徴的なグルメでもあるので、福井旅行の際には必ず食べて欲しいグルメの一つです。

そんな越前そばですが、勝山市では独自の基準にのっとった「勝ち山おろしそば」が名物!

今回は、勝ち山おろしそばを食べることができる「おいしい、ちよ鶴」に行ってきました。

福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像

ちよ鶴は勝山駅から徒歩10分ほどの場所にあるので、車がなくてもアクセスが便利!

さらに、モーニングもやっているので(8:00〜)、早朝に勝山についた旅行者の方が朝ごはんを食べるのにもぴったりのとっても便利なお店なんです。

今回はランチ時にお邪魔したので主にランチについてご紹介します。

ちよ鶴のランチといえばやっぱり「今週の美味しいものランチ」。
メイン(この週はう巻き玉子、シーザーサラダ、酢豚でした)、小鉢2品、汁物、香の物、ご飯がついて1,050円とリーズナブル!

しかもご飯は白ご飯、かやくご飯、雑穀米、季節のおこわの4種類から選べておかわり自由!
お腹に余裕のある方は4種類全て試してみては?

別の日のランチはこんな感じでした。

しかし、この日は金曜日!
ちよ鶴は金曜日は「おそばの日」なので、おそばメニューしかおいてありません。

ご飯が食べたい方は、「カツ丼と勝ち山おろしそば」1,050円がおすすめ!
福井名物ソースカツ丼がついてきます。

福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像でも、おそばメニューも豊富なので、メニューを見たらきっとおそばが食べたくなって、どれにしようか迷っちゃうはず!

今回は一緒に行った皆様と、焼き鯖おろし、なめこおろし、炙りにしんおろしを食べました。

福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像

ここで、普段食べているお蕎麦との違いを感じると思いますが、越前そば=おろしそばといっても過言ではないというほど、おそばと大根おろしを一緒に食べるのが福井では一般的です。

さらに、大根おろし、ねぎ、鰹節、だしが全てかかったぶっかけというスタイルで提供されることが多いんです。

しかし、「勝ち山おろしそば」と名乗るには厳密な決まりがあり、「勝山産の蕎麦粉を使っていること」「二八蕎麦であること」「手打ちであること」「大根おろし入りの出汁をかけること」の4つを満たしていなければなりません。

福井県の別の市町では、大根おろしもだしもすでにかかった状態で提供されることが多いですが、勝ち山おろしそばは大根おろし入りのだしを自分でかけるのが鉄則なので、好きなだけおだしをかけましょう。

しょっぱくないので全部かけても大丈夫ですよ!

勝ち山おろしそばは、勝山市内の他のお店でも食べることができます。
詳しくはこちらから→http://www.city.katsuyama.fukui.jp/kankou/kankouweb/soba/tenpo.html

また、ちよ鶴では8月より、勝山に降り積もった雪を使った貯蔵庫「雪室(ゆきむろ)」で保管したそばを使った雪室そばも期間限定で提供されます。

夏のおそばは新そばに比べて香りが落ちていることが多いですが、雪室効果でどのような味わいになっているのか、食べるのが楽しみですよね。

雪室そばについての詳細は以下の記事で紹介しています。↓

行列ができる蕎麦屋・八助で勝ち山おろしそばを食べよう!夏は期間限定の雪室そばに注目!【勝山市】

そして、おそばが美味しいのはもちろんのこと、ちよ鶴はデザートも豊富なので、女性にも嬉しい!

今回はそば茶プリンをいただきました。

福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像

柔らかいプリンの上にそばの実がちりばめられていて、そばのいい香りがするんです。
おそばとプリンの相性ってとってもいいんですね。
すごく美味しかったです。

その他にもコーヒーゼリーやパウンドケーキ、スイーツとドリンクセットなどもあるので、勝山散策に疲れた時にちょっとお茶するために立ち寄るお店としてもおすすめです。

おろしそばは16時までですが、カフェメニューは常時提供しています。

さらに、テイクアウトメニューも発見!

福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像

この日はサラダめんや勝山産のさくらんぼゼリーがありました。
夏らしくて美味しそう!

地元の果物、野菜を使ったシフォンケーキも、勝山散策のおともにいいかも!福井勝山グルメ越前勝ち山おろしそばの画像

他にも昆布巻きなど、ちよ鶴特製勝山土産が売っているので、手土産を買う場所としてもおすすめのお店です。

今回は主に勝ち山おろしそばの紹介をしましたが、勝山市には勝ち山おろしそば以外にも勝ち山ボッカケ、勝ち山おやきなど、勝山ならではのご当地グルメがあります。

福井県内でも勝山市内でしか食べることができないので、勝山散策の際に見かけたらぜひ食べてみてください。

店名 おいしい、ちよ鶴
住所 福井県勝山市元町2-4-2
電話番号 0779-87-2250
営業時間 8:00〜18:00
(モーニング 8:00〜11:00(LO 10:30)
ランチタイム 11:30〜15:00(LO 14:30))
定休日 木曜日
備考 wi-fiあり
WEBサイト http://chiyozuru.wixsite.com/katsuyama

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク