築120年の古民家を改装したフレンチレストランLULL(ラル)。その見所とDearふくい一押しアフタヌーンティーをご紹介【坂井市】

築120年の古民家を改装したフレンチレストランLULL(ラル)。その見所とDearふくい一押しアフタヌーンティーをご紹介【坂井市】

LULLの生みの親、小川智寛さんと川﨑里香さん

福井三国フレンチレストランラルの画像

麻布十番「Aile Blanche」にて

LULLは、小川さんがCOO、川﨑里香さんがCEOを務める株式会社マイナーリバーズが運営するレストランです。
LULLをオープンしたきっかけや、LULLにかける思いをお二人に伺いました。

ーーLULLをオープンするきっかけはなんだったのでしょうか?

小川「川﨑が私の故郷、福井に遊びに来て福井をすごく気に入ったことが始まりです。
川﨑は、福井に住みたいとまで思ったようです。

以前から私自身は福井の活性化のために、出来ることは頼まれればしていました。
ただ、自身でレストランをオープンしようとまでは考えていませんでした。

そして、川﨑が福井に来たその翌月に、小松長生さんがエルブランシュに来て、彼が実家の話を私にしたのです。

お父様が亡くなって3年経ち、『もう使わないから潰そうとしたが、歴史ある古民家だから残して欲しいと県から頼まれ、古民家再生機構というところが管理しているが使い道がないままだ…』と。

このタイミングでこの話が来ることに強い縁を感じ、2週間後には川﨑と一緒に小松邸を見に三国に来ていました。
そこから話はトントン拍子で進み、LULLが出来たのです。

ーーLULLのオープンの際には、クラウドファンディングで資金を調達していましたよね?

小川「これも川﨑のアイディアです。
クラウドファンディングなんて私は知りませんでしたし、最初はなんのことかもわかりませんでしたが、川﨑は前々から興味を持っていたようで、今回初めてクラウドファンディングに挑戦しました。

古民家の改修には驚くほどお金がかかって、クラウドファンディングでも全く賄えるものではなかったのですが…(笑)
しかし、支援してくださった方には喜んでいただけたので、良かったと思っています。

福井三国フレンチレストランラルの画像 オードブル詰め合わせや期間限定アフタヌーンティー招待など魅力的コースばかりのクラウドファンディングでした。
その中の一つ、プチオーナー権を購入(支援)した方のお名前は、今もLULLのアプローチに飾られています。

ーーマイナーリバーズやLULLが目指す場所を教えてください。

小川「私たちマイナーリバーズの事業は福井の活性化を目指すものです。
福井に魅力的で新しい価値を創ることで、福井のブランド化を目指しています。

国内外から観光客がたくさん訪れることが目的ですが、同時に『福井には何もない』という福井の人たちにも福井の魅力をもっと知ってもらい、自信を持ってもらいたいと思います。

私たちの活動が福井の活性化のきっかけになることを願っています。

ーーLULLへの想いを教えてください。

小川「LULLは私にとって特別なレストランです。
単に故郷にフレンチレストランを作って錦を飾るということではありません。

遠くからでも足を運んでもらえるような、ここにしかない体験ができるレストランを目指しています。

そのために、LULLの料理も新しいテーマに挑戦しています。
それが、Surf&Turf(サーフ&ターフ)、海の幸と大地の恵みを一皿の料理で表現することです。

福井は海と山が接近した珍しい地形で、どちらの食材にも恵まれています。
そんな福井をイメージしたSurf&Turfで、県内外の多くのお客様に喜んでいただきたいと思っています。

LULLが福井にとって価値のあるレストランになるために私たちは全力を尽くします。

 

お話を伺った中で印象深かったことが、小川さんと川﨑さんのバランスの良さ。

小川さんはフレンチの料理人や経営者、コンサルタントとして活躍しており、常に現場目線で物事を考えています。

かたや、川﨑さんは16歳で単身アメリカに渡り、その後はアジアや中南米などへ旅を重ね、帰国後は会議通訳者として20年以上のキャリアを持つ女性。
これまで、料理の業界で仕事をしたことは全くなかったとか。

だからこそ、川﨑さんは全力でお客様目線で要望を伝え、小川さんがリアルに落とし込むという作業を経て、よりお客様目線のお店を創り上げることができたとのことです。

しかし、アフタヌーンティーに関しては、小川さんはかなり苦労したそう。
フレンチにはイギリスの文化であるアフタヌーンティーという概念がなく、LULLのシェフを務める堀田シェフとともに試行錯誤を重ねたそうです。

ーーアフタヌーンティーが完成するまで、どのような苦労がありましたか?

川﨑「最初は大きなお肉がどーんとのっていたり、一口で食べられなかったり、見た目でテンションが上がらなかったり、ダメ出しばかりしていました。

男性って本当にアフタヌーンティーがどんなものかわからないみたいで、小川を都内のありとあらゆるホテルのアフタヌーンティーに連れ回したりもしました。
おかげでうちの男性陣は女子力が高いですよ(笑)

でも、今はこんなに素敵なオードブルとスイーツが出来上がって、本当に感謝しています。

見て楽しくて、写真に撮って満足できないと、女性は物足りないですもんね。

小川「最初は、アフタヌーンティーなんてフレンチレストランに必要なのか?とも思っていましたが、こうして女性が喜んでいるのを見るとやってよかったと思いますし、勉強になりました。

ーーLULLにはアフタヌーンティー以外にも、インテリアから食器から、様々なこだわりがありますが…

小川「その辺りもだいたい川﨑が率先してやってくれました。

川﨑「自分が好きだな、素敵だなと思うもので、LULLのコンセプトに合うものはできるだけ取り入れたいと思って、いろいろな場所にこだわりを持っています。

料理のプロで柔軟性の高い小川さんと、女性目線で細かなところまでこだわり、抜群のセンスを持つ川﨑さん。
お二人の絶妙なバランスで、LULLは日々進化を遂げています。

これからのLULLにも目が離せません。

フレンチデリ、ガレットカフェなど系列店も続々登場

小川さんと川﨑さんは、LULL以外にも系列店を手がけ、福井の活性化に一役買っています。

HALF MOON BAY

「レストランをテイクアウトする」がコンセプトのフレンチデリHALF MOON BAY

明治初期に建てられた土蔵をリノベーションしたお店で、レストランで提供されるような料理をテイクアウト販売しています。
イートインスペースやテラスもありランチにも利用できます。

三国湊町周辺にあるため、町歩きがてら気軽に立ち寄れるお店になっています。

ガレットカフェ HAZE

福井越前ランチガレットカフェHAZEヘイズの画像

越前海岸を望む丘の上にあるガレットカフェHAZE(ヘイズ)。
越前漁港で水揚げされる豊富な魚介料理と、福井産にこだわったそば粉を使ったガレットを提供するブルターニュ料理のカフェレストランです。

国定公園の中にあり、水平線を見渡せる絶好のローケーションが人気!
特に、水平線に沈みゆく夕日は感動の一言です。

詳しくは以下の記事で詳しく紹介しています↓

HAZE(ヘイズ)は福井の恵みを使ったそば粉のガレットと絶景を楽しめるカフェ【越前町】

LULL、HALF MOON BAY、HAZE共にこれからも目が離せない注目のレストランです。
お近くを観光する際はもちろん、わざわざ足を伸ばして行く価値のある一押しレストランなので、ぜひ訪れてみてください。

店名 LULL
住所 福井県坂井市三国町崎31-25
電話番号 0776-97-8903
営業時間 ランチ 11:30〜13:30 (LO)
アフタヌーンティー 13:00〜16:00(LO)(要予約)
ディナー 17:30〜20:30(LO)(要予約)
定休日 木曜日・第2水曜日
公式サイト http://mrivers.jp/lull/
Facebookページ https://www.facebook.com/LULL2016/

三国港駅からLULLへ…

福井電車えちぜん鉄道三国駅の画像

LULLの電車の最寄駅はえちぜん鉄道三国港駅になります。

ここから歩くとかなり距離はありますが、徒歩50分ほどなので、歩けないほどの距離ではありません。
実際に私は歩きました!

天気のいい日なら、潮の香りに包まれながら、三国の街を散歩するつもりで歩いてみるのも気持ちいいいですよ。

福井三国古民家フレンチレストランラルの画像

途中には真っ赤な橋があったり、海に近づいてくると、どこか懐かしい景色に出会えたり…

福井三国古民家フレンチレストランラルの画像

時間がある場合は、LULLの近くにある越前松島水族館に行ってみるのもいいかもしれません。
(向こうに見えるドーム状の建物があるところが越前松島水族館。)

福井三国古民家フレンチレストランラルの画像

ぜひ、三国の町とともに、LULLを楽しんでください。

三国港駅の詳細は以下の記事から(福井駅から三国港駅の交通についても記載)↓

えちぜん鉄道が丸わかり!終着駅や可愛すぎる新型車両も詳しく紹介します!【福井市〜坂井市・勝山市】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報