酒造りに適した風土が美味しさの秘訣?福井県勝山市の日本酒「一本義」で蔵見学してきました

酒造りに適した風土が美味しさの秘訣?福井県勝山市の日本酒「一本義」で蔵見学してきました

福井県といえば、自然が豊か、水がきれい…
つまり、

日本酒が美味しい!

そんな福井県を代表する日本酒「一本義」がどのようなお酒なのか調べてきました。
社長のお話や酒蔵見学を通じて、一本義を育む福井県勝山市の風土や、なかなか見ることができない酒造りの裏側を知ることができたので、詳しく紹介します。

一本義久保本店が手がける多彩なお酒たちの紹介は以下の記事へ↓

福井県を代表する日本酒「一本義」に迫る!古酒や梅酒などのレアなお酒も紹介!【勝山市】

一本義を育む勝山の風土とは?

福井勝山グルメ一本義の画像

福井県の北側は越前と呼ばれますが、勝山市はその中でも奥越前、奥越(おくえつ)と呼ばれる山深い豪雪地帯です。

日本酒といえば水が命ですよね。
実際に日本酒の原料の8割は水なので、水が美味しい場所に美味しい日本酒は存在します。

この地でも、白山という標高2,702mの山に降り積もった雪が、数年から、もしかしたら数百年以上もかけて勝山市の井戸に流れ込んでくるんだとか。

日本酒の醗酵には、有益なミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、クロール、リン酸など)と、またその逆に、不要なミネラル(鉄分やマンガンなど)があるそうです。

一本義の井戸からくみ出される仕込み水は、タンクに入れると青く見えるそうですが、これはミネラルが十分に入っている証拠。
ミネラルが紫外線を吸収することで青く見えるそうです。

すごいことに、そのミネラルは醗酵に必要なものだけで、要らないミネラルは全く入っていないという最高の条件が整っているのだとか。

奥越前の自然環境によって生まれる最良の水、これこそが一本義の味わいを構成する最大の秘密だったんですね!

また、お米も日本酒にとって大切な素材です。

酒米といえば五百万石や山田錦が有名ですが、五百万石の生産量第3位はなんと福井県!
県単位でなく地域単位(農協単位)で見れば、五百万石の生産量は勝山市が所属するJAテラル越前が日本一となっています。

五百万石を使ったお酒はピュアで涼しげ、男らしい味わいと表現されることが多いです。
辛口ですっきりとした味わいが特徴的な一本義も、この五百万石に支えられているんですね。

一本義では、その他にも華やかな味わいの山田錦、優しくみずみずしい味わいの越の雫といった酒米を、お酒の種類ごとに使い分けています。
特に越の雫は福井県の酒造メーカーしか購入することができない希少品種なので、越の雫を使っている伝心 凜一本義 辛爽系純米吟醸などを試してみてください。

一本義 辛爽系 純米吟醸720ml

価格:1,620円
(2017/8/1 17:59時点)
感想(1件)


普段はなかなか入れない一本義の蔵でお酒造りを見学!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報