御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

日本の食文化やお土産も…

御食国若狭おばま食文化館では、小浜の郷土料理作りを体験できるだけでなく、日本の食文化や福井の伝統工芸に触れることもできます。

1階のミュージアムでまず目に入るのは、日本食の代表、お寿司の種類や歴史の展示。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

今はお寿司といえば「握り寿司」ですが、かつては魚を漬け込んだり発酵させたり、様々な手を加えて保存性を重視したものが多く、そのような「なれずし」と呼ばれるものがお寿司の始まりなんだそうです。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

小浜市では現在でも鯖のなれずしが郷土料理として親しまれています。

他にも、日本遺産の構成遺産となっている「鯖街道の起点ー湊町・小浜の賑わい」を思い起こすことができる展示や、地域色が強く出るお雑煮文化の展示など、興味深い展示がたくさんありました。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

印象深かったのは、クジラ料理の展示!

江戸時代は、鯨料理の専門書が出版されていたほど、クジラは人々の食生活に深く根付いていた食材で、鯨のすき焼きや鯨汁など、様々な方法で調理されていたようです。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

他にも牡蠣の卵とじやハマチのすき焼きなど、現在では馴染みのない料理が食べられていたことを知り、江戸時代の食文化に俄然興味が湧きました。

江戸時代のすき焼きは今のような鍋物ではなく、農耕用の唐鋤を鍋の代わりにした焼き物だったというのも驚き!

2階は伝統工芸の体験スペースやショップになっています。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

若狭塗、若狭めのう細工、若狭和紙、若狭瓦など、若狭には魅力溢れる伝統工芸がたくさん!

福井県といえば越前漆器も有名ですが、若狭では、ここ小浜市で生産される若狭塗がやはり有名!
小浜市は、若狭塗箸を始め、塗り箸の生産が全国1位なんです。

卵殻模様、貝殻模様などの特徴的な模様がとっても素敵な若狭塗箸は、お土産にぴったりです。福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

さらに、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」の中で重要な場所であった若狭塗箸の工房まで!
このセット、実際に撮影で使われていたものなんだとか。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

御食国若狭おばま食文化館で歴史を知り、実際に体験して、若狭おばまの食文化や伝統工芸に触れてみませんか?

お食事処「濱の四季」と温浴施設「濱の湯」も併設されているので、1日中楽しく過ごせそうです!

名称 御食国若狭おばま食文化館
住所 福井県小浜市川崎3-4
電話番号 0770-53-1000
営業時間 以下URLでご確認ください
http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/mermaid/modules/content2/index.php#02/
定休日 水曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12/28~1/5)
WEBサイト http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/mermaid/

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )