世界三大恐竜博物館!国内最大級の恐竜博物館が数倍楽しくなる!見所徹底解説【勝山市】

世界三大恐竜博物館!国内最大級の恐竜博物館が数倍楽しくなる!見所徹底解説【勝山市】

恐竜博物館の展示室で恐竜や生命の歴史を楽しむ

恐竜博士との写真撮影や建物の魅力を存分に楽しんだら、いよいよ展示室に向かいます。

先ほど紹介したエスカレーターを地下1階まで降り、展示を見ながら2階まで上がるのが順路となっています。

ダイノストリート

最初に見学する地下1階はダイノストリートと称された通路になっています。
恐竜博物館のメインは恐竜の骨格標本ですが、この通路も見逃せません。

ダイノストリートに展示されている化石標本は、まるで絵画のように板状になっているものが多く、美術館に来たような感覚を覚えます。

私が特に感動したのは、この「カブトガニのはい跡」という化石標本。

福井観光勝山恐竜博物館の画像

左側にくっきりとカブトガニの跡が見えますが、よく見てみると、そこに至るまでに右側からずっと跡が続いているのがわかります。

タイトルの通り、最後の力を振り絞って歩を進めていたカブトガニが力尽きるまでの時間が、全て化石として残っているんです。

化石というと、死んでしまった生物が埋もれるなど、様々な要因によって死んだままの姿で後世に残る「静」的要素が強いものだと思っていました。

しかし、この化石標本からは、このカブトガニが最後にどのように生きたのかがはっきりとわかり、化石にも「動」を感じられるものがあるんだと感動しました。

他にも、脊椎動物が陸上を歩いた証拠となる「両生類の足跡」もありました。

福井観光勝山恐竜博物館の画像

足跡が化石になるなんて、一体この時にどんなことが起こっていたのかとっても気になります。

このように、ダイノストリートでは、いきなり化石のイメージを覆す化石標本に出会えるんです。
特に、恐竜に興味がないのに息子や彼氏に連れてこられた女性の皆さんに、ここで大興奮していただきたいです!

カマラサウルスの産状

福井観光勝山恐竜博物館の画像

ダイノストリートの最後には、ほぼ完全なカマラサウルスの骨格化石があります。
これは、現地(アメリカ)で発見されたままの状態の複製で、背骨をそらせて頭部と尻尾をくっつける「海老ぞり」の状態、いわゆる「死のポーズ」をとっています。
(参考:福井県立恐竜博物館公式サイト

こちらもカブトガニのはい跡のように、生命の営みを強く感じられる化石なので、ぜひ直接見ていただきたいです。

恐竜の世界

福井観光勝山恐竜博物館の画像

1階は大部分がメインとなる恐竜の世界の展示となっています。

福井観光勝山恐竜博物館の画像

44体もの恐竜骨格が展示されていますが、そのうちの9体は実物の骨を使って組み上げられています。

カマラサウルスに至っては全体の9割以上が実物!
リアルな恐竜の迫力ある姿を楽しんでください。

「福井県の恐竜コーナー」では、福井で発掘された恐竜の化石(実物)や復元された全身骨格を見ることができます。
こちらはフクイティタン・ニッポネンシス。

福井観光勝山恐竜博物館の画像

それ以外にもフクイラプトル・キタダニエンシスの骨など、様々な化石が展示されています。

地球や生命の歴史も気になる!
次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク